ペアーズ調査隊

ペアーズ(Pairs)という人気マッチングアプリに、業者やサクラが本当にいるのか?徹底的に調査してみた

コラム・ニュース・その他

ペアーズで結婚した場合、馴れ初めはなんて言えばいいの?

投稿日:

どうも。ダイスケです。

マッチングアプリで出会う機会が多くなりましたが、いざ結婚するとなった場合。

周りの人には、どうやって馴れ初めを報告したら良いのか?

利用しているからしても、利用前の人からしても、悩んでしまうところですよね。

同じくらいの年代の人ですら、まだまだアプリでの出会いに否定的な人はいますからね・・・

ペアーズで結婚した場合、馴れ初めはなんて言えばいいの?

なかでも特に、「親に言いづらい」という人が多いと思います。

せっかくの嬉しい報告にも関わらず、両親に悪い印象を持たれるのは悲しいですからね。

ですので、面倒な誤解や偏見を持たれないように、ある程度配慮するのは仕方ないことです。

今回はペアーズで出会って結婚するとき、周りにどうやって馴れ初めを説明するのか?

なるべく無難な方法をご紹介していきますので、お悩み中の方は参考にしてくださいね。

会員数と人気がNo.1のマッチングアプリ。
ペアーズにまだ登録してない方は、コチラから登録できますよ。

馴れ初めの伝え方【友人・会社編】

馴れ初めを伝えるときのポイントは、2つあります。

1つめは「出会い系」という表現を避けることです。

マッチングアプリを使っている人が多くなったとはいえ、「出会い系」という言葉には嫌悪感を持っている人はとても多いです。

ペアーズは「出会い系」ではなく「恋活、婚活」のマッチングアプリですが、変な誤解をあたえないためにも、この表現はやめましょう。

2つ目のポイントは、嘘をつくときは、きちんとつき通すことです。

人によって伝えている内容が違うと、怪しまれます。

隠すために嘘をつくのであれば、バレないように、伝える人には同じ伝え方をしましょう。

後から嘘がばれたときに、人間関係に影響する可能性もありますからね・・・

馴れ初めの伝え方【友人・会社編】

これら2つのポイントを念頭において、実際にどのように伝えるべきか?

4つの実例をもとに紹介していきます。

実例その1:マッチングサービスで知り合ったと伝える

1つ目は「ペアーズで知りあった人」「マッチングアプリで知りあった人」と、正直に言うパターン。

正直に言うので、基本的にはそのまま伝えるだけです。

ただし、伝えるときのポイントでも説明したとおり「出会い系=騙される、危ない」と思っている人はとても多いです。

そのため「出会い系」という言い方、表現は絶対に避けましょう。

また「出会った」ではなく「知りあった」「仲良くなった」という言い方のほうが好ましいです。

「出会った」という言い方は、ネガティブに受け取られやすくなります。

また「友達に勧められて始めた」や「話題になっているから気になって」などのように、言い訳を一緒に言うと印象がやわらぎます。

言い方を変えても否定的な方はいますが、もし否定されても受け止めましょう。

どういう出会い方だったとしても、きちんと正しく伝えることができれば、最後には納得してもらえます。また祝福もしてくれはずです。

むしろあなたが「マッチングアプリで良い人に出会えた」とアピールすれば、否定的だった人が興味を持つこともありますよ!

実例その2:合コンで知り合ったと伝える

「合コンで知りあった」「友達に誘われた合コンで…」というパターン。

アプリで知りあったことを知られたくないときに、使いやすい言い方ですね。

合コンから恋愛に発展するのは自然・・・と思っている人もいるので、下手に勘ぐられることもありません。

まぁそれでも、お堅めな友人や知人だと、「大丈夫?」と心配してくる可能性はありますけどね。

実例その3:社会人サークルやコミュニティーで知り合ったと伝える

「バスケの仲間」「社会人サークルでフットボールを一緒にやっている人」といった感じのパターン。

趣味がある人にはオススメですね。

友人からの誘いで入ることも多いですが、ネットで見つけて参加することもあります。

この言い方では、「出会い系」「マッチングアプリ」の存在をぼかすことができ、ネットを使ったという点では嘘をついたことになりません。

ですので、他の言い方よりは言いやすいかもしれませんね。

社会人サークルをどうやって見つけたのか? 説明をする際には「Facebook」と言えば、信じてもらいやすくなりますよ。

出会ったキッカケと、その後の話に矛盾が生じにくいですし、作り話を多くする必要もなく話せるので気楽です。

実例その4:友人の紹介

「高校の友達に紹介してもらった」「共通の知り合いから、紹介してもらった」

これも無難な回答だと思いますが、共通の友人が誰かという問いを聞かれる可能性もあります。

その場合に備えて、お互いに口裏合わせはしておきましょう。

ただし、共通の知り合いが少ない場合にはオススメです。

馴れ初めの伝え方【親編】

両親に説明するのは、友人や知り合いに比べて悩みますよね。

若い世代だと抵抗のないマッチングアプリですが、身近ではない両親世代は、まだまだ危ないと思っている人のほうが多いです。

昔よりは、アプリやスマホが身近になったとはいえ、受け入れてもらうのは簡単ではありません。

しかし結婚を考えた場合、両親に反対されることは大きな障害になります。

馴れ初めの言い方で、相手に悪い印象を持たれるのも嫌ですからね・・・

特に女性側の親は心配する確率が高いので、男性側以上に、親のタイプを重視して話すことが必要です。

馴れ初めの伝え方【親編】

今回は親のタイプによって、2つのパターンに分けて紹介していきます。

パターン01:正直に伝えてみる

このパターンで話しやすいタイプは自営業など、自分で仕事をしている両親の場合です。

サラリーマン家庭の親とは違い、どちらかというと「世間体」をあまり気にしない方が多いからです。(必ずではない)

そのため「どんな馴れ初めか」よりも「どんな人格なのか」のほうを重視する方が多く、受け入れてもらいやすいです。

また正直に伝える時は、なぜペアーズを使おうと思ったのか? 実際に使ってみてどうだったのか?

といった点も、しっかり伝えると安心してもらいやすいです。

パターン02:ごまかして伝える

ごまかす場合は両親のタイプを見て、どう伝えるかが重要です。

最も無難なのは、「友人の紹介」です。これは全世代に共通してつかえます。

「誰の紹介?」と聞かれるかもしれませんが、その場合は友人と口裏合わせしておけば問題ありません。

それ以外だと「Facebookで知り合った」「趣味の集まり(サークル)」などと伝える方法も考えられます。

Facebookであれば、年配の方も知っている方が多いので、そこまで大きな嘘になりません。

ネット関連で知りあったことに嫌悪感を示す親なら、「コミュニティやサークル」などで、知り合ったことにすると安心してもらえます。

嘘をつくのは後ろめたいかもしれませんが、親は子供の将来の幸せを考えて心配していることがほとんどです。

ですので安心させるためにも、ある程度オブラードに包むことは悪いことではありません。

そもそも出会いがどうであれ、雰囲気や考え方、身なりがしっかりした相手なら、最終的には受け入れてくれるはずですよ。

結婚式の披露宴ではどうすれば良い?

結婚式の披露宴での馴れ初めの伝わり方

結婚式の披露宴で、係の人に馴れ初めを簡単に紹介されることもありますが、心配はいりません。

そもそも結婚式では、事前にウェディングプランナーとの打ち合わせがあります。

その時に「知人の紹介で」といった提案もされるはずなので、うまい表現を考えてもらいましょう。

彼らはプロなので、その点は安心ですよ。

それよりも心配すべきは、仲人や友人のスピーチです。

ただしその場合も、事情を伝えておけば協力してもらえるので安心ですよ。

もし心配な場合は、念押ししておきましょう。

まとめ

どういう馴れ初めで伝えればいいか? なんとなくイメージはできましたか?

伝える場合は、相手と自分との距離感や関係性。友人や両親の考え方によっても受け取られ方は様々です。

せっかくのいい報告なので、なるべく誤解なく受け入れてもらえるように配慮するのは、悪いことではありません。

参考にする伝え方は紹介しきったので、あとは自分にとっても相手にとっても、一番いい伝え方で幸せな報告をしてくださいね!

結婚できる相手。真剣に付き合える恋人をつくりたい・・・

そういった方には、会員数が700万人以上いる恋活 & 婚活アプリのペアーズ がオススメですよ。

-コラム・ニュース・その他

Copyright© ペアーズ調査隊 , 2018 All Rights Reserved.